備前焼土ひねり

土と炎の芸術品「備前焼」の作陶。日本六古窯の中でも最も古く、備前の国、岡山発祥の焼き物。
釉薬を使わず、絵付けもないながら、その焼き色の景色は変化に富んでいます。田土から生まれ、人の手を経て生活道具となり、工芸品となった備前焼。自然とともに生きた先日の知恵を学びます。作品は後日焼き上げて郵送します。